育毛剤の成分を正しく知って、正しい使用方法を

プロペシアを使って薄毛の悩み解決プロペシアを使って薄毛の悩み解決 トップページへ
あなたの発毛・深く悩むことはありません。

育毛剤の成分”ミノキシジル”に注意

巷には、育毛剤の種類というのは、数え切れないほどの種類があります。

育毛剤というのは、頭皮や毛根に栄養を与えたり、刺激を与え、良好な血行を取り戻す作用があり、または頭皮周辺の雑菌を殺菌するなどして、頭皮や毛根を清潔に保つ作用が含まれています。

そんな育毛剤の中でも、代表的なものに”ミノキシジル”という成分を使用している育毛剤でしょう。 私たちがインターネットなどの場、でよく目にするタイプは、この手の成分が使われた育毛剤です。

よく育毛剤の宣伝などで謳われているように、”ミノキシジル何%配合”などといった表記が目立てっています。
この育毛剤に入っているミノキシジルという成分は、どういった成分なのでしょうか?

このミノキシジルとは、いわゆる血管を拡張させるための医薬品のことです。 医薬品とのことですが、では、このミノキシジルという成分は、育毛のために、どういったの効果を与えることができるのか・・ということに注目してしまいます。

実際に、毛根への血流が悪くなってしまえば、その部分の毛が薄くなってしまうということも理解できます。 これはもちろん、素人でも納得させられてしまうところでしょう。

ですが、我が日本で発売されている育毛剤というのは、欧米での製品群などより、 このミノキシジルの成分の配合量が少ないのです。

それはなぜか。説明してみますと、 このミノキシジルという成分は、”血管拡張剤”とも言われる医薬品の一種。ですので、その育毛剤の成分が、 頭皮から脳内まで 浸透しきってしまい、脳内の脳血栓となった部分が一気に破れてしまい、健康被害を及ぼしてしまう・・といった、事故報告が、欧米などから何例かあるそうです。

ですから、日本では育毛剤に含まれるミノキシジルの配合量を意図的に抑えているともいえます。

ですが、最近はこのほかにも天然素材を使用している育毛剤も発売されてきています。また、説明書に書かれている通りの使用法でなら、ほとんどそうした危険はないと思われます。

そもそも育毛剤は、あくまで育毛の”補助”的役割を果たします。過信せずに、あなたの健康を整えつつ、使用上の注意にあった利用法を心がけてください。

recommend

保育士 派遣 大阪
http://www.bellsante.co.jp/

2015/1/7 更新

育毛に良い生活を心掛けましょう。

抜け毛の原因というのは人それぞれ違います。ですが、その大きな原因としては日々の生活の中で溜めてしまうストレスなどが、大いに関係しているといわれています。育毛を考えられておられる方は、できるだけ頭皮に負担をかけないような生活を送るように心がけましょう。
育毛の原点は、髪が抜けるほど、体に負担をかけないこと。例えば、頭皮の負担は、自身へのちょっとした心がけで軽減できるため、それが育毛へつながっていくのです。育毛は、今ある髪の毛を健康に保ち続け、抜け毛を極力防ぐということが大切になります。
また、 育毛といえば”育毛剤”を思い浮かべる方が多いかと思われます。この育毛剤の役割というのは、現在ある髪の毛の健康を保ち育てることにあります。頭皮が健康になってくると抜け毛が減って、髪が残り、結果的に髪が増え、育毛につながってきます。育毛というのは、地道に髪を育て、髪を増やしていく方法ということになります。